初期に中絶手術をしたが

卵巣の状態もあり中絶を決めました

すでに2人の子供がおり、予定外の妊娠でした | 卵巣の状態もあり中絶を決めました | 身体の方は順調に回復したものの

気持ちも落ち着かず、翌日早速、総合病院の産婦人科に行ったのでした。
すると、妊娠3ヶ月と言われたのです。
子供がすでに二人いることもあり、積極的に産みたいと思っていなかった所に、医師から卵巣が腫れていて、これは妊娠の状態が続くと腫れが大きくなる可能性があり、妊娠の状態で無くなると腫れが引く場合があります、どうしますか、と、暗に中絶手術でもいいのじゃないかと聞こえるような話しだったのです。
その時に自分でも妊娠初期と思われるうちに内科で薬を処方してもらい暫く飲み続けてしまったし、第一これ以上の経済的な負担は無理だと自分にとって都合の良い考えを持ったのでした。
夫もどうしてももう一人子供が欲しいなどとは、家計を考えても言えなかったのだと思います。
考えが決まったら用紙にサインとハンコを押して来院するようにと言われて帰ってきたので、ほんの少し、私達にはこれ以上育てられないよねと、二人だけで決めて病院に行って中絶手術を受けたのでした。
それから暫くして実家の母にその事を事後報告の形で伝えたのでした。
その時の母の様子は何年たっても、母が亡くなった今では、より鮮明に思い出します。
母は、「何てもったいない事を」と、一言だけ言ったのでした。
私は、「そうだね、二人、子供が居るし、生活も大変だし、体力もいるからね」と、私が取った事を認めてくれるものだと思っていたのでした。